大会レポート「MMM Finals」に参加してきました。

2017年12月07日(木)20:03 マジック:ザ・ギャザリング
お久しぶりです。
イベントレポートは半年ほど前のGP神戸以来になります。


長文になりますので、暇な時の片手間にでも読んでください。
※覚えてるところは試合展開など出来るだけ詳細に書くため。


12/4(土)に開催されました、BIGMAGIC様主催のMMM(マンスリーモダン)Finalsに参加してきました。
前日夜のフライデーナイトマジックでRさんにご協力いただき、対ヴァラクート系の調整をしそのまま夜行バスに揺られて大阪入り。
朝6時に大阪に到着し、会場前には7時に着いてしまい開場時間の9:30までひたすら待機。


そして、待ちに待った会場時間。
最初は参加者100人くらいかな?と思って待機していると人がどんどん集まり、最終的には207名まで膨れ上がりました。


さて、今回の私の使用したデッキは下記になります。
土地
3《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》
1《空僻地/Glimmervoid》
1《
幽霊街/Ghost Quarter》
4《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》
3《産業の塔/Spire of Industry》
4《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
1《山/Mountain》
クリーチャー
4《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》
4《鋼の監視者/Steel Overseer》
4《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》
4《信号の邪魔者/Signal Pest》
2《メムナイト/Memnite》
2《刻まれた勇者/Etched Champion》
2《エーテリウムの達人/Master of Etherium》
4《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》
スペル
4《バネ葉の太鼓/Springleaf Drum》
4《オパールのモックス/Mox Opal》
1《溶接の壺/Welding Jar》
4《頭蓋囲い/Cranial Plating》
4《感電破/Galvanic Blast》
サイドボード
1《
魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass
1《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
1《強迫/Duress》
1《思考囲い/Thoughtseize》
1《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1《急送/Dispatch》
1《刻まれた勇者/Etched Champion》
2《鞭打ち炎/Whipflare》
2《摩耗/損耗/Wear/Tear》
1《血染めの月/Blood Moon》
2《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
1《ギラプールの霊気格子/Ghirapur AEther Grid》


今回も「親和」になります。
以前のGP神戸の時とメインサイドを大幅に変更してみました。
「親和に幽霊街???」と思われる人が多いかと思いますが、直近の競技イベントなどで使用し、様々な場面で助けられることが多かった1枚なので今回も投入しました。
サイドボードの感想などはまた機会があれば。


今回は参加者が207名でしたので全部で8回戦+TOP8によるシングルエリミネーション3回戦。
運命の第1Rは赤黒ディスカード

相手がダイスに勝ち後攻スタート。
私の初手ハンドは「頭蓋囲い、オパールのモックス(以降オパモ)、メムナイト*2、ダークスティールの城塞、刻まれた勇者(以降チャンピオン)、バネ葉の太鼓(以降ドラム)」
初手で対戦相手が「燃え立つ調査」を唱え、お互い3ドローをし、無作為に3枚ディスカード。
打たれた時に「知らないデッキきた・・・・・・。」と、思いつつ3ディスカード。
捨てられたカード「頭蓋囲い、メムナイト、ドラム」墓地に落ちた時に強すぎて思わず唸りました。
残った手札を確認すると新しく増えていたのは「頭蓋囲い、頭蓋囲い、オパモ」 バグですね。
返しのターンにちらつき蛾の生息地をハンドに加え、1T目チャンピオン着地。
相手「強すぎじゃないですか?!」と言ってたのが印象的です。
2T目相手が信仰無き物あさりからのグルマグのアンコウ着地。
返しのターンで1個目の頭蓋囲いを装備してとりあえず7点パンチ。
次のターンに相手が虚ろな者2体、グルマグのアンコウ追加で1体並べてきましたが、こちらも追加の頭蓋囲いを出したら1本目投了。

サイドボードIN 大祖始の遺産(以降レリック)2枚、OUT 監視者2枚


2ゲーム目も相手先行スタート。
初手ハンドは「レリック、オパモ、大霊堂のスカージ(以降スカージ)、城塞、電結の荒廃者(以降ラベジャー)、墨蛾の生息地、羽ばたき飛行機械(以降ソプター)」
墓地対策カードが来たのでそのままキープ。
相手初動は「信仰無き物あさり」墓地を肥やしてエンド。
返しの1T目ドローは頭蓋囲い。そのまま0マナ域とスカージ、レリックを並べてレリックで相手の墓地を1枚追放。
2T目相手が土地伸びず、通りの悪霊でサイクリング。何も来ずエンド。
こちらの2T目頭蓋囲いをスカージに装備してとりあえずパンチ。
相手が地上生物並べるも空が止まらず、横並びフルパンで勝ち。


第1R ○○


続く第2R
5C人間(バイアル型)
1ゲーム目は先手でキープは可も無く不可も無く
相手が「手付かずの領土」から貴族の教主(おばさん))を出してきた時に、「噂の5C来た!」と思いました。
こっちがぶんぶんハンドじゃなかったので苦しい試合展開でしたが、対戦相手がエーテリウムの達人(以降マスター)の他のアーティファクトクリーチャーの修正能力を忘れていたのでそこで計算が狂い一気に逆転。
最後は感電破4点をプレイヤーに撃って勝ち。


サイドIN 磨耗損耗*1、ギラプールの霊気格子*1、チャンピオン*1、思考囲い*1、鞭打ち炎*2
サイドOUT 信号の邪魔者4、バネ葉の太鼓*1、頭蓋囲い1


2ゲーム目は相手がぶん回って地上で12点、空から5点パンチという鬼ムーブで負け。


サイドIN 頭蓋囲い*1、バネ葉の太鼓*1、熱烈の神、ハゾレト*1
サイドOUT 磨耗損耗*1、鞭打ち炎*2


3ゲーム目はこちらがぶん回りハンドで4ターンキル圏内に入ったところで相手が投了。


「1ゲーム目の達人の効果をちゃんと把握していなかったのが敗因」と試合後の感想戦。
私もあれに救われたと感じていたので、効果をしっかり把握していたら負けていたと思います。


第2R ○×○


第3R 親和の天敵「青白コントロール」
試合開始前に知り合いと「青白コンだけは来ないで欲しいんですよね。」と話した矢先にこれ。
メインは相手がチャンピオンを触れずこちらのぶん回りで勝ち。プロテクション有色は正義!


サイドIN 磨耗損耗*2、ギラプールの霊気格子*1、熱烈の神、ハゾレト*1、思考囲い*1、強迫*1、魔術遠眼鏡*1、チャンピオン
サイドOUT 鋼の監視者*4、頭蓋囲い*1、バネ葉の太鼓*1、マスター*2


第2ゲームは語るまでも無く相手がアズカンタでアドを稼ぎつつ、全体除去で更地にされてギデオンに殴られて負け。


第3ゲーム サイドノーチェン
初手にハンデス。
相手のハンド「島、石のような静寂、流刑への道、血清の幻視」残りのカードが記憶曖昧ですが除去だったはず?
土地が1枚だったので少し考えて血清の幻視を抜き、そのまま相手が5ターン土地を引かず殴りきって勝ち。
土地が2枚に伸びてたら普通に負けてたハンドだったので冷や冷やしました。


第3R ○×○


第4R 親和(リュウジさん)
「見たことある人だなぁ」と思いつつ、先手ゆっくりキープしたらぶん殴られて負け。


サイドIN ギラプールの霊気格子、古の遺恨、磨耗損耗*2
OUT 鋼の監視者*4


早い段階でギラプールの霊気格子並べるのはよかったが相手の次々と出てくるラベジャーとマスターを捌ききれず負け。
上手い人の親和は強すぎるよ・・・・・・。


第4R ××


第5R トリココントロール ○××
最後ミシュラ残して感電破連打で勝ちのところをプレミして負け。
アウェーの洗礼で集中力かなり切れてました。


サイドINは磨耗損耗とハンデスくらいだったはず?


第6R ポンザ ○○
早く終わりすぎて記憶に残ってないです。


第7R 5C人間○○
2Rで動きとサイドのIN、OUTを把握していたのであまり難しいこと考えずチャンピオンで殴り勝ち。


最終R 5C人間 ○○
また君か!!
チャンピオン2ターン連続で出したら悲しい顔されたので、頭蓋囲いを装備して気持ちよく10点パンチしたところで相手が投了。


最終順位は13位とTOP16入ってフィニッシュ。※BIGMAGIC様のイベントカバレージにTOP16のデッキが公開されております。


TOP8には入れませんでしたが、周りの環境もなにも知らないところでこれだけの好成績残せたのは非常に良かったなと思います。
大阪は親和がたくさんいたのでみなさんやりなれてる感がすごかったので羨ましい!


また機会があれば是非リベンジしたいと思います。


北陸にも親和もっと増えてくれー!ということで賞品のイクサランから出た当たりを晒しておしまいです。


長文にお付き合いいただきありがとうございました。
読みにくくてすいません。


最後に宣伝。
フェロキドン買取中ですので、余っていましたら是非当店までお売り下さい。
よろしくお願い致します!!!

関連記事

コメントの一覧

    この記事にコメントはありません

コメントの投稿

全角32文字以内
半角英数字
※公開されません。
半角英数字
全角512文字以内

トラックバックURL

トラックバックの一覧

    この記事にトラックバックはありません

最新記事

最新コメント

カテゴリ

タグ

検索フォーム

RSS2.0