新しい環境に向けて(戯言)

2016年12月22日(木)19:04


増えましたね!
花札がもだえ苦しむカードが...




制限カードとはいえ花札使う側としては使われたくないですし、それに屈したくはないです!
その他にも、マジェスペクターユニコーンが禁止になったことにより、激流葬がはやることも考えられます。


どうやってそれらをケアするのか。
今思いついている内容を書きます。
例によってほかの人の意見がほとんどです。
教えてくれた人には感謝してます!




解答その1.紅葉に鹿


前の記事ではぼろくそに書きましたが、今回の制限改定で評価が上がってきてるやつですね。
特殊召喚に成功したとき、カードを一枚めくってそれが花札なら魔法罠を対象とらずに一枚破壊できます。
これの効果が通ったら、花札をめくって激流葬や勅命を破壊できます!
ただ、勅命に対しては効果を通すのが至難の業です。
勅命単騎ならいいんですが、ドランシアとセットの場合だと、桜に幕+松+紅葉に鹿など、初動×2+紅葉に鹿が求められます。2枚の盤面に3枚が必要ですので、これはあまり効率的ではありません。
何か画期的な組み合わせが見つかればいいのですが...
一応解答にはなり得ますので紹介しました!


解答その2.ウイルスをまきちらす


かなり現実的です。桜の幕に増殖するGを合わせられたときに考えられる、よい返しですね。
十二獣やメタルフォーゼに致命傷を与えることができます。
会局や天機を持たれていた場合はあまり刺さらないのと、めくれたときに何とも言えない悲しみに襲われるのに目をつぶれば、かなり強力だと思います。


解答その3.制限カードは無視!!!!!!!


・・・


花札はこれくらいにして、少しまじめな話をしときます。


実は自分、前環境は12メタルを使ってました。
ユニコーンが死んだことにより、これまで以上に激流葬が直撃しやすくなります。
十二召喚獣が増えることも予想されており、激流葬のシェアは一気に上がることでしょう。
十二召喚獣ミラーでは、激流葬をいかにうまく打つかが勝敗を分けると言われるくらいのスペックを持っています。


さて、これらを踏まえた上で来期はどうすればいいのでしょうか。
まあまあ簡単です。激流葬が直撃しないモンスターの増量(マジェスペクター要素を増やす)、サイクロンなど、直接割に行くカードを増やす、などなど、対策はいくらでも考えられます。
大切なのは、どれが一番勝敗に結び付けられるかでしょう。
自分が押しているのはマジェです!!


・・・


以上、戯言でした。

関連記事

コメントの一覧

    この記事にコメントはありません

コメントの投稿

全角32文字以内
半角英数字
※公開されません。
半角英数字
全角512文字以内

トラックバックURL

トラックバックの一覧

  • 2017年09月10日 23:22
    このトラックバックは管理者の承認待ちです

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

RSS2.0