メタル真竜Kozmoについて

2017年04月29日(土)11:19
お久しぶりです。どんです。

さて、新ルールになってから1ヵ月が経過しようとしています。
遊戯王界隈で揺れた新ルールでしたが、だいぶ落ち着きを取り戻し、環境も少しずつ固まってきているように思えます。

今回はそのような中ちょくちょく結果を残しているメタル真竜Kozmoについての記事です。

1.メタル真竜Kozmoとは
その名の通り、真竜、Kozmo、メタルのシナジーを駆使して戦うデッキです。
ドラゴニックDの効果を強く使えることが特徴で、かつシミターという耐性持ちモンスターで相手のマスターPを越えたり、盤面の制圧を得意とします。
真竜要素は人によりますが自分はマスターPおよび継承のみの採用としています。理由は後ほど。
メタルフォーゼは主にペンデュラムするためのものではなく、永続罠であるメタルフォーゼコンビネーションを持ってくること、レベル4のゴルドライバーの存在が主な役割です。メタルフォーゼは主軸ではなく、潤滑油といった表現が適当です。

2.戦略
先行で深淵+マスターPの盤面を作り、相手を蓋することが目標です。
今のこの環境では恐竜、真竜がトップシェアであり、それらの動きを弱体化させられる深淵の効果を通すことに成功すれば非常に有利に戦うことができます。
深淵+マスターPの盤面は非常に強固であり、この盤面を簡単に作ることができるという事実が自分がこのデッキを使っている一番の理由です。
この盤面の作り方は、以下でまとめます。


3.サンプルリスト


最近よく見る60枚デッキではなく、42枚です。
このデッキ、フィールド魔法が見ての通り12枚(盆回しなどを含む)投入されています。
デッキ枚数を増やしたほうが何かとバランスがよくなるという話も聞きます。
たぶんその理論も間違ってないと思いますが、自分は自分です。フィールド魔法を引ける確率の方を優先しました。

この構築にすることで、初手にフィールド魔法のある確率が83%と高くなりました。また、フィールド魔法が2枚以上引ける確率は45%です。60枚まで増やしてしまうとその確率も25%まで下がってしまいます。
このデッキを使う上でフィールド魔法を引けないのは致命傷です。

採用カードについてひとつづつ見ていきます。
・ダークシミター
マスターPを超えるという課題を一枚でこなしてくれるカードです。
減らしている人もいますし、理由もわかりますが、自分はそれでも3枚いれて十分見返りがあると思います。


・スリップライダー
ランク5につなげることと魔法罠を割ってくれる小回りの利くカードです。
自分のコンビネーションを割ったり、破壊されたときにレベル4Kozmoを出して深淵に繋げたりなどの役割も果たします。
三枚です。


・フォアランナー
ペンデュラムできるレベルであり、リクルートもできるため、選択肢として一枚欲しいカードです。


・ランドウォーカー
エメラルドポリス+ランドウォーカーという盤面をペンデュラムのおかげで狙いやすいです。一枚で十分です。


・エルファイバー
恐竜などにプラスアルファの妨害として役割を果たします。また、ドロッセルから持ってきてワンキルに一枚かむなどの役割もあります。複数ひいて強いことはないので1枚です。


・グリンドル
耐性持ちクリスタルウィングの効果を強制的に使わせられたりでき、かつレベル4です。ダークローズと比べた際に現状こちらに軍配が上がると考え採用しています。


・ドロッセル
ワンキルに絡めるカードでかつ下級Kozmoです。特に弱いところもなく。


・フォルミート
三枚採用も考えましたが、素引きしても強くなく、2枚で十分な動きができるため2枚に抑えました。


・フェルブラン
採用するかしないかで意見が分かれてるみたいです。スローゲームになった際にとりあえずの最低限の動きができることを考慮して採用しました。本当の理由はデッキを並べた際に14枚で見栄えがよくなるからです。


・マスターP
二枚で十分です。
中級を入れる構築もあるようですが、デッキ枚数を抑えることと事故率を極力下げることを意識し、自分はいれてないです。


・増殖するG
誘発は環境によって入れ替わりますが、現状一番見るべきデッキは恐竜ですので、一番強く打てるGにしました。また、Kozmoのデッキは下級が盤面にいる状態でGを発動できれば上級Kozmoを引くという脅威を相手に与えられるため、相性がいいんです。


・メタルフォーゼカード
9枚の採用です。複数引くことがあまり強くないため最小限まで抑えました。ゴルドライバーは深淵に絡む展開の際に必要なため減らすという選択肢がなく、減らすとしたらスティエレンとシルバードしかありませんでした。ヴォルフレイムは打点を考慮して減らさずです。したがってスケールの運用には十分な注意が必要です。


・継承
泣く泣く1枚に抑えた一枚です。入れられるなら2枚目を入れたいです。
メタルフォーゼ+継承でスケールをそろえられたり、真竜相手にアドバンテージを稼ぎにいくなど、うまぶった動きができます。


・フィールド魔法関連12
先ほど述べたとおりです。
限界まで引く確率を上げています。


・エクストラ
深淵、メタルフォーゼ関連カード、ランク5あたりをいれておけばいいかと。
周りの環境によって変わると思うのでここでは割愛します。

4.深淵マスターPの構え方
「エメラルドポリス+ドラゴニックD+メタルフォーゼカード」のセットがあれば出せます。
エメラルドポリスをメタルフォーゼで割る→コンビセット→シミターサーチ→ドラゴニックDでシミター割ってマスターサーチ→シミター効果でフォルミート→フォルミートでシミター→フォルミートとコンビでマスター→コンビでペンデュラムできるスケールサーチ→スケールでシミター割ってコンビセット→シミター効果グリンドル→マスター効果でコンビ→ゴルドライバーサーチ→ゴルドライバー絵ペンデュラム→グリンドルとゴルドライバーで深淵

要はレベル4のkozmoとゴルドライバーでエクシーズするってことです。

5.このデッキを使う上で大切なこと
一人回し。これに限ります。
気づきが無限にあるので回せば回すだけ経験値がたまります。





関連記事

コメントの一覧

    この記事にコメントはありません

コメントの投稿

全角32文字以内
半角英数字
※公開されません。
半角英数字
全角512文字以内

トラックバックURL

トラックバックの一覧

    この記事にトラックバックはありません

最新記事

最新コメント

カテゴリ

タグ

検索フォーム

RSS2.0