NOVAデッキ紹介 黒単バーン

2017年12月13日(水)20:12



本企画ではNOVAのデッキについて解説していきます。

また、今後も不定期にデッキを紹介していく予定です。


  • サンプルリスト
  •  
  • 「黒単バーン」
  • ※カード名をクリックするとFundeel公式サイトカードリストが開きます


    デッキ画像リスト(画像はガチャログ.com様を利用させていただきました)





     






    黒単リアニメイトはイラスト集発売以前の環境で最強と言われていました。


    しかし、《ニューニュー》の登場によりそれまで強みとしていた 《神弓 刃漸華》《バルギュロス》による中盤から後半にかけての破壊効果が相対的に弱体化しました。 




    また、これまでは白のLV3キャラクターに大きく盤面に干渉できるカードが存在していませんでしたが、同じくイラスト集に収録された《セントリーゲル》により無暗にライフを減らすのはリスクを伴うようになりました。


      


    元々、《守護の護符》の存在により《お迎えの使役者》が通りにくく、アドバンテージの獲得が難しいマッチアップでした。






    依然として《スラッシュ》《死霊リッチ》によるビートダウンは強力ではありますが、黒単リアニメイトにとって以前ほど有利な環境ではなくなってしまいました。




    基本的な動き
    このデッキは通常のリアニメイトとは少し異なった動きをします。



       



    序盤から積極的に《ユウナ》《山神千代》を用いて相手のライフを減らしつつ、自分のライフを1500以下まで減らします。


      


    並行して《天魔双剣ラミア》《天魔双剣エウリス》の二枚を、手札にあれば《シャーロック》、なければ 色欲のティーティアを用いて墓地に揃えます。


    その後、 黒玻璃の水晶インテクション竜騎士 アクシムといったフル投入されたLV開放カードにより、複数回の斬殺騎士 ラブエルを用いて相手のライフを削り切ることを目指します。


    追加の勝ち手段


    斬殺騎士 ラブエルの前に《バルギュロス》をあらかじめ設置しておけば追加でバーンを行うこともできますし、破壊効果により《ユウナ》の攻撃を複数回通すことができます。


     自身で墓地から蘇ってくることのできる蛇神 ゼアリアや後述する死霊使い ソフィアとの組み合わせも強力で、こう着した盤面からも勝ちに行くことができます。


     
     
    たとえ相手に盤面を構築されてしまったとしても、死霊使い ソフィアから《山神千代》をリアニメイトし続けることでブロッカーの生成、相手へのバーン、自身のリミット解除を同時に狙うことができます。






    サイドボード


    サイドボード後は序盤の《ユウナ》が対策されることが予想されるため、神弓 刃漸華《淀君をサイドインし重めのリアニメイトコントロールへとアグレッシブサイドボーディングを行います。
     
    特に、負け筋となる対戦相手の《ニューニュー》死霊使い ソフィアを破壊するために《漆黒演舞をサイドインしていきます。
    特に黒単ミラーではサイドボード後のリソースゲームで死霊使い ソフィア重要になってくるため積極的に破壊を狙っていくとともに、自分の死霊使い ソフィアを出した返しにうっかり破壊されないように気をつけましょう。
     
    一ゲーム目で、相手に三ターン目大罪 統率者メルモやセントリーゲルをされた場合、または《ヒューベリック》を見た際には魔我球鎌をサイドインします。これは相手の黒玻璃の水晶《白玻璃の水晶を破壊し三ターン目ブン回りを回避するためです。後半だぶついたらエナに置くか死霊使い ソフィアのコストにしましょう。
     
     
    まとめ
     
    LV3キャラクターを複数回使いたいというデッキ構造上、二回以上《ユウナ》がアタックできればかなり楽になります。ユウナがない初手は思い切ってマリガンしていきましょう。
     
    ブン回れば容易に3、4ターンキルが可能なデッキです。
    また、実際に使ってみると意外とできることが多いので非常に柔軟な動きが可能です。


    ただし、特にメイン戦においては後半キャラクターを使い切ってしまうと途端に息切れを起こしてしまうのは注意が必要です。
    序盤の動きやキャラクターへの対策が薄いデッキ相手には驚異的な勝率を誇りますので、書籍付録の《ユウナ》が必須であるため集めるのが大変ですが是非回してみてください。
    画集はデッキ構築する際にあると非常に便利ですし、付録カードは一枚一枚がどれも非常に強力ですので一冊は購入されることをおすすめします。


     
    今後も随時、こういった形でデッキを紹介していければいいなと思っているのでご要望があれば当店のツイッターまでリプライや引用ツイートいただければと思います。
     

    それでは、ヘアピンでした!!




    関連記事

    コメントの一覧

      この記事にコメントはありません

    コメントの投稿

    全角32文字以内
    半角英数字
    ※公開されません。
    半角英数字
    全角512文字以内

    トラックバックURL

    トラックバックの一覧

      この記事にトラックバックはありません

    最新記事

    最新コメント

    カテゴリ

    タグ

    検索フォーム

    RSS2.0